Googleマイビジネス集客(MEO対策)中級・上級編
日々やる2つのコトと間接検索数UP

<この記事の目次>

 

1.中級編

 

 1-1.投稿する

 

 1-2.口コミを集める

 

 1-3.知らないともったいないテクニック

 

 

2.上級編

 

 2-1.インサイトを活用する

 

 2-2.直接検索の数で、サロンの問題点を発見!

 

 2-3.間接検索こそが新規集客に役立つ!

 

 

 

導入事例お客様写真

Googleマイビジネス集客(MEO対策)中級・上級編
日々やる2つのコトと間接検索数UP

最近「美容室・サロンの集客に役立つ!」と話題の、Googleマイビジネス。(Googleマップを使った集客のことで、ローカルSEOとかMEO対策とも呼ばれます)

 

私たちの提供するネット予約などのシステム「サニポ」をご利用中の美容室・サロン様には、Googleマイビジネス集客を無料でサポートしております。

 

具体的には、どんなサポートなのか?を紹介すると共に、私たちが持つGoogleマイビジネス集客のノウハウを一部公開します。

 

 

初級編に引き続き、今回の記事では中級編として「ライバルサロンに差をつけて集客に役立てるにはどうすべきか?」ということをテーマに美容室・サロン様で日々やっていただきたいことを2つ解説いたします。

 

さらに、上級者編として「多くの検索ユーザーを惹きつけるには?」ということをテーマにお話いたします。

 

ビジネス情報をきちんと登録しているが、さらに効果を上げるために、どんなことをするべきか知りたい!という方は、是非ご一読ください。

 

※Googleは検索順位を決定させているルールは非公開にしておりますので、当記事のノウハウは弊社の経験に基づくものとなります。

 

そして、実際にGoogleマイビジネス集客を強化したい!という方は、システムの導入を是非ご検討ください。

↓ ↓ ↓

▶お問合せ・お申込みはこちら

 

 

1.中級編

導入事例(詳細)写真1 導入事例(詳細)写真1

本章では、「ライバルサロンに差をつけて集客に役立てるにはどうすべきか?」ということをテーマに美容室・サロン様で日々やっていただきたいことを2つ解説いたします。

 

 


1-1.投稿する

Googleマイビジネスにはサロンの情報を投稿できる機能があります。

 

こちらは、おすすめメニューやキャンペーンなどの情報を投稿して来店を促すための機能です。

 

 

この投稿が集客に役立つ理由ですが、検索結果の表示ランキングを決定しているGoogleのルールで「検索ユーザーがビジネス情報をたくさんクリックしたか?」という要素があるためです。
※ユーザー行動シグナルと言います。

 

ビジネス情報を全くクリックされないのは、もちろん一番ダメです。

 

検索ユーザーに何かしらの行動をさせた方が検索結果の表示ランキングに有利になります。

 

そこで検索ユーザーがとる行動は

 

・電話する

 

・経路で道順を調べる

 

・ウェブサイトを見る

 

・投稿を見る

 

などがありますが、「電話する」とか「道順を調べる」というのは「すでにサロンに行く気満々な人だけがする行動」ですので、ハードルが若干高くなります。

 

あと、「ウェブサイト」という言葉も、いまいち魅力的ではありませんので、これでは行動させにくいです。

 

 

 

そこで「投稿」が、とても大切になります。

 

魅力的な言葉と画像にしておけばユーザーの行動を促しやすくなります。

その結果、Googleマップでの検索結果の表示ランキングに良い影響を及ぼす!と、いうわけです。

 

 


1-2.口コミを集める

そして、口コミを集めます。

 

★★★★

 

たくさんの口コミがあれば同じ地域のライバル店と比較して魅力的に見えますから、美容室・サロンを探しているユーザーの利用決定の後押しになります。

 

 

お客様目線で想像してみてください。

 

あなたがマッサージ店を探しているとしてGoogleで「〇〇駅 マッサージ」などで検索し、その結果を見て比較検討している時に『口コミが0件のお店』と『口コミが100件で評価4.8のお店』だと、どちらのお店に関心を持ちますか?

 

やはり、口コミが多い方のお店が気になるのではないでしょうか?

 

このようにGoogleマップ集客において口コミを集めるのは大事になります。

 

実際に、Googleも「口コミ獲得が検索結果の順位に影響する」と、公式に言っていますので、たくさん獲得することで良い影響を及ぼします。

 

 

ただし、内容の薄い口コミばかりはダメです。

 

また、短期間で大量の口コミを獲得しており、その後は放置…というのもダメです。

 

口コミの量も大事ですが、それよりも「質と定期性」が大事になりますので、濃い内容の口コミを長期間で定期的に獲得するようにしましょう。

 

 

例えば、10件の口コミを1週間で集めると一時的にランキングは上がります。

 

しかし、その後何もしないで3ヶ月経過するとランキングは下がってしまう…と、いうことが私のクライアントの美容室・サロンで確認できています。

 

 

ランキングが下がってしまう理由を少し極端な例え話で説明しますと「10年前に書かれた口コミ」というのは今のお店の評価とはあまり関係が深くないですよね。

 

ということで、口コミにも賞味期限のようなものがあります。

 

Googleはその設定を約3ヶ月にしていて、3ヶ月口コミがないと検索ランクが下がり始める?と、経験から予想しています。

 

 


1-3.知らないともったいないテクニック

「投稿する」と「口コミを集める」の2つの行動をサロン様で日々実施するとライバルに差をつけて集客効果をアップさせることに繋がります。

 

以上が、本章で公開する中級編の一部でした。

 

 

そして、実は!

 

口コミを集める方法にも「集客に役立つもの」と、「そうでもないもの」があります。

 

さらに、投稿を最大限に活用するテクニックも存在します。

 

Googleマイビジネス(Googleマップ)集客には、知らないともったいないテクニックがたくさんあります。

 

ほんのちょっとのことで集客効果が大違い!なんてことは本当に多いんですね。

 

こうしたテクニックやサポートはクライアント様限定ですので申し訳ありませんが当記事では公開できません。
※クライアント様に怒られてしまうので…^^;

 

 

私たちの提供するネット予約システム「サニポ」をご利用中のサロン様には無料でサポートしておりますので

 

「Googleマップ集客を始めたい!」

 

「自力集客の仕組みを作りたい!」

 

「Webが苦手でもしっかり対策したい!」

 

など、あなたがお考えであればシステム導入をご検討ください。

 

月々5,500円~という低コストでネット予約システムを利用でき、Googleマップ集客のサポートまである!という部分に魅力を感じていただきシステムのご導入や、乗換をされる美容室・サロン様も多いです。

 

私たちは「システムを提供してあとはご自由にどうぞ」という売り切りのサービスではなく、システムをしっかりと活用できるようサポートいたします。

 

 

私たちは現在、2,500店以上の美容室・サロン様にご利用いただき、その後のシステム継続率は98%と高くご評価いただいております。

 

 

まずはシステムの使い勝手を試せる無料お試し期間も用意しておりますので、お気軽にお問合せください。

↓ ↓ ↓

▶お問合せ・お申込みはこちら

 

 

2.上級編

本章では上級者編として「多くの検索ユーザーを惹きつけるには?」ということをテーマにお話いたします。

 

✓ビジネス情報をきちんと登録している!

 

✓口コミを集めている!

 

✓投稿をしている!

 

だけど、さらに効果を上げるためにどんなことをするべきか知りたい!という方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

 


2-1.インサイトを活用する

Googleマイビジネスの管理画面にはインサイトと呼ばれる機能があります。

 

こちらは、Web上でビジネスが表示された回数検索クエリ、ユーザーの反応などを確認できる機能です。

 

美容室・サロンのGoogleマイビジネス集客(MEO対策)の効果をUPさせるヒントの多くがこのインサイトにある!と、いっても言い過ぎではありません。

 

インサイト機能を通じて検索ユーザーの行動を把握し、集客に繋げるためにはどうすべきか?を分析して効果改善に役立てることで、さらなる飛躍に繋がっていきます。

 

 

インサイトでは、あなたのサロンを発見したユーザー数と発見した方法について確認できます。

 

「ユーザーがあなたのビジネスを検索した方法」という項目には

 

・直接検索

 

・間接検索

 

・ブランド名

 

という3種類がありますが、集客に活用するため特に重要となる「直接検索」と「間接検索」の活用方法を順番に紹介してきます。

 

 


2-2.直接検索の数で、サロンの問題点を発見!

直接検索は、美容室・サロンの店名や住所で検索して、あなたのサロンを発見したユーザー数です。

 

 

直接検索を行うユーザーの特徴はすでにあなたのサロンの名前を知っていて

 

・メニューや価格についてなど、さらに詳しい情報を知りたい人

 

・お店に行く経路を調べたい人

 

などの場合がほとんどです。

 

 

そして、実はGoogleマイビジネス(Googleマップ)集客はチラシでの集客とも非常に相性が良いのですが、チラシを配布した時もこの直接検索の数が増える傾向にあります。

 

 

 

直接検索した人はあなたのサロンに関心があり来店に繋がる可能性が高いです。

 

この直接検索数が多いのに来店が少ない…という場合は「あなたのGoogeマイビジネスに掲載されている店舗情報に問題がある」という可能性が高いです。

 

(例)

 

・ウェブサイトの遷移先をクーポンサイトなどにしている

 

・ネット予約がない

 

・ビジネスの登録情報が不足していてライバル店に流れている

 

などの問題が発生しています。

 

 

具体的に言うと、検索結果のナレッジパネルには「他の人はこちらも検索」というのが表示され、近隣のライバル店へ誘導する情報が表示されます。

 

 

検索ユーザーがあなたの美容室・サロンのビジネス情報を見ても

 

・自分が得たい情報がない

 

・魅力的に見えない

 

などの印象を与えてしまった場合、他のお店の情報に流れる可能性が高くなってしまいます。

ですので、そうならないようにビジネス情報を充実させることが大事になるわけです。

 

 


2-3.間接検索こそが新規集客に役立つ!

こちらは、「美容室、ネイルサロンなど業種名」や「あなたのサロンと関連性の高い商品名(トリートメント)やニーズ(個室、駐車場)」などのキーワードで検索した人の数です。

 

 

ユーザーが検索した時にいる位置から、距離が近いサロンが比較的上位に表示される仕様になっています。

 

あとは、場所の名前との掛け合わせでの検索もこの間接検索数に含まれます。
(例:渋谷 × 美容室 など)

 

 

実は、この間接検索こそがサロンの新規集客に役立ちます。

 

間接検索をしたユーザーは、あなたの美容室・サロンのことを知らない人である場合がほとんどです。

 

そうした人をビジネス情報にたくさん呼び込むことで新規顧客は確実に増えていきます。

 

 

インサイトでは、この数字を増やせるように日々の更新を心がけましょう。

 

 


間接検索の数を増やすには?

間接検索の数を増やすためにはインサイトにある「ビジネスの検索に使用された検索語句」という部分に着目しましょう。

 

こちらで、あなたのサロンのビジネス情報を発見した人が「どんなキーワードで検索したのか?」を知ることができますので、直接検索と間接検索に関するキーワードを確認しましょう。

 

 

Googleマイビジネスの集客を始めたばかりの美容室・サロン様の場合は、直接検索(店名など)での数が上位であることが多いです。

 

・お店の前を通りかかって

 

・看板を見て

 

・友人などに紹介されて

 

など、何かしらをきっかけにあなたのサロンのことを知り、店名を入力して検索したユーザーが大多数となります。

 

 

この状態だと、Googleマイビジネス自体は「あなたのサロンのことを知るきっかけ」になっていないので「新規集客に役立っている!」とは言い難い状態です。

 

あなたのサロンのことを知らない人に発見してもらってこそ「新規集客に役立っている!」と言えますので、間接検索の数を増やすことが重要になるというわけです。

 

 

間接検索の数を増やし、上位に表示されるようにするには以下のことを気を付けると良いでしょう。

 

・メインカテゴリとサブカテゴリ

 

・ビジネス情報の記載内容

 

・クチコミの記載内容

 

・投稿の記載内容

 

・ウェブサイトの記載内容

 

など、こちらの内容を改善しつつ間接検索の数をチェックしていくとあなたのサロンへのアクセスが増え新規集客の効果がUPします。

 

 

導入事例(詳細)写真2 導入事例(詳細)写真2
編集後記 編集後記

いかがでしたでしょうか?

 

この記事の最後に、弊社のクライアントである千葉県の健康堂整体院様の事例を紹介します。

 

 

こちらの店舗様では、サポートを始めた当初、一番多かった検索キーワードはやはり店舗名(直接検索)でした。

 

しかし、サポートを続けていくうちに

 

・整体

 

・マッサージ

 

・肩こり

 

などの間接検索キーワードでの流入が増加しました。

 

 

サポートを開始して、1年半以上経った現在では以下の検索語句の順位です。

 

1位 → 整体(当初の約10倍に!)

 

2位 → マッサージ(当初の約3倍に!)

 

3位 → 肩こり(当初の約2倍に!)

 

4位 → 店舗名(当初とほぼ同じ)

 

以上のように、間接検索の数が大幅に増えて新規客も順調に獲得できています。

 

 

現在では、Googleマップの投稿などから毎月10名以上の新規客を獲得し続けることに成功しています。

このように、間接検索数がUPすると新規集客数がUPすることに繋がっていきます。

 

 

間接回数を数を増やすために特に積極的に狙っていくべきキーワードは「美容室・サロンの来店に繋がりやすく検索回数の多いキーワード」というのが大事です。

 

そのためには、あなたの美容室・サロンを利用するお客様のことを良く知る必要があります。

 

私たちの提供するシステム「サニポ」なら、お客様の情報を効率よく集めることができる仕組みを作ることができます。

 

顧客情報を集めて分析することは、Googleマイビジネス集客にはもちろん、様々なことに役立つので是非おすすめです。

 

資料の無料ダウンロードや、動画視聴などができますので、まずはお気軽に以下からご登録いただきご覧ください。

↓ ↓ ↓

▶資料ダウンロード・動画・デモサイトはこちら

 

 

お問合せもお気軽にどうぞ。

↓ ↓ ↓

▶お問合せ・お申込みはこちら

 

 

それでは、この記事は以上です。
最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

活用術コラム一覧へ戻る
今なら1カ月無料お試しキャンペーン実施中

今なら1カ月無料
お試しキャンペーン実施中!

※お試しキャンペーンは月に20店舗までの限定となりますので、予約状況によってはご希望に添えない場合もございます。

今なら1カ月無料
お試しキャンペーン実施中!

※お試しキャンペーンは月に20店舗までの限定となりますので、予約状況によってはご希望に添えない場合もございます。

導入はかんたん3ステップ

今すぐ無料でお試し

導入はかんたん3ステップ

今すぐ無料でお試し

さぁ、サニポで集客をお手軽に!